人に与える不快感 わきがについて

閉鎖された観光で一緒になると、他人に不快感を与えてしまう事も

わきがの最大の問題は、ニオイが非常に不快であるということです。特にニオイの逃げ場がない閉鎖された空間では、その場にいる人たちに強い不快感を与えてしまうでしょう。日常生活の中で閉鎖された環境に身をおく場面は多々あります。エレベータ、電車、喫煙室など、気密性の高い場所でのわきがは大問題です。他人の迷惑にならないよう、自分はワキガかもしれないと感じているのであればきちんとセルフケアをしたり、適切な治療を受けましょう。

  • ストレスを感じてさらに悪循環へ

    汗腺の働きは、自律神経に大きく影響を受けます。平たくいえば、ストレスを感じれば感じるほど、汗腺は汗の分泌を強く促すようになり、ワキガの人の場合は体臭もキツくなるのです。わきがであるという自覚を持っている場合、周りに迷惑をかけてしまっているのではないか、という気遣いがストレスになりがちです。わきがを気にかけるあまり、さらにワキガの臭いをキツくしてしまうという悪循環に陥ってしまうことも多いのです。ストレスを貯めこまないことが何よりも大切ですが、どうしても気になってしまうという場合には、美容外科でわきが治療やワキガ手術などを受けるようにしましょう。

東洋人は、外国人と比べわきがが少ないから余計目立つ

東洋人は、外国に住んでいる人よりもワキガの人が少ないといわれています。それは、主に食生活、生活習慣からくる理由によるものです。例えば欧米人は脂質の高い食事を好んで食べており、そのため体臭もキツくなりがちです。ですが、東洋では伝統的に穀物が主食であるため、それほど体臭がキツくならないのです。近年、東洋でもわきがの人は増えてきていますが、それは食文化が欧米化したためと言われています。また、東洋の国、特に日本では入浴の習慣が一般的となっていますが、外国では却って珍しく、入浴の代わりにフレグランスをつけて体臭を誤魔化している人もいるほど。日本でも湯船にゆっくり浸かるよりシャワーで手軽に汗を流す人が増えてきており、それもわきがの人が増加する一因となっています。

わきが手術ならココがオススメ!!

品川美容外科

品川美容外科

わきが手術なら日本一。
品川美容外科

品川美容外科で扱っているワキガ治療は、大きく分けて二種類です。一つは、ボトックス注射による切らないわきが治療、もう一つは超音波を使ったわきが手術です。後者の超音波療法の中にも、症状に合わせて何種類かの施術方法が用意されています。患者さんひとりひとりのお悩みや希望、症状の程度に合わせて最適な治療が受けられます。

  • 詳しくはこちら
  • 公式HPはこちら
品川美容外科の口コミ
  • 自分が臭ってるんじゃないかっていう不安から解放されました

    友人にさりげなく指摘されて、初めて自分がワキガだということがわかりました。すごくショックで、品川美容外科さんで治療を受けることに。今では臭いもなくなって安心して過ごせます。

  • わきがは自分ではどうにもできないから……

    自分でも自覚するくらいひどいワキガでした。超音波療法サーマル法の治療を受けてからは、まったく臭いが気にならなくなりました。やっぱり完治には病院に行くべきだなって思いました。

最新のわきが治療ができる! 口コミで話題のクリニックを徹底比較