保険適応の手術について わきがについて

手術療法のみ保険適応しております。

わきが治療では、手術療法にのみ保険が適用されています。ワキガ治療の方法は様々ですが、全額自己負担ではなく一部の負担で受けられるのは、手術療法だけなのです。とはいえ、それでも数万円の費用が発生してしまいますし、病院によってもかかる料金は異なります。せっかく手術を受けるのであれば、もちろん費用も気になりますが、確実に治療してもらいたいという思いもあるはず。そこでここでは、手術療法に関して詳しくご紹介します。剪除法、切除法、皮下組織吸引法、皮下組織掻爬法など、様々な種類の施術があります。

  • 剪除法

    剪除(せんじょ)法とは、わきの皮膚を切開して、皮下にあるアポクリン腺の粒を直接取り除く方法です。アポクリン腺にはイクラほどの大きさの粒があり、剪除法ではその粒を取り除くのです。エクリン腺と違ってアポクリン腺の粒は大きく、簡単に目視できます。そのため、直に目指しながら行う施術では、取り残しなく完璧に取り除くことができるのです。

  • 切除法

    切除法は、もっとも古典的なわきが治療の1種です。方法はいたって単純で、アポクリン腺を周辺の皮下組織ごと切除するというものです。剪除法と同様にアポクリン腺を綺麗に確実に除去することができますが、剪除法よりも切開部位が大きくなること、そのため傷跡が残ってしまいやすいことなど、切除法ならではのデメリットもあります。

  • 皮下組織吸引法

    皮下組織吸引法は、脂肪吸引と同様の施術を行ってアポクリン腺を取り除く方法です。わきの皮膚を切開して、そこからカニューレという特殊な吸引器具を挿入し、アポクリン腺や周辺の皮下組織を吸引します。剪除法よりも広範囲に短時間で施術を行うことができる点がメリットですが、吸引しきれない場合、再発を招く恐れがあるというデメリットもあります。

  • 皮下組織掻爬法

    皮下組織掻爬(ひかそしきそうは)法は、わきの下を切開して、キューレットと呼ばれるスプーン状の特殊な機材を挿入し、アポクリン腺などの皮下組織を削りとる方法です。切開が小さく済むというのが大きな特徴で、ダウンタイムの少ない体へのダメージが小さい治療法といえます。しかし、この方法でのわきが治療には熟練の技術が必要で、そのため病院選び、医師選びが重要です。

わきが手術ならココがオススメ!!

品川美容外科

品川美容外科

わきが手術なら日本一。
品川美容外科

品川美容外科で扱っているワキガ治療は、大きく分けて二種類です。一つは、ボトックス注射による切らないわきが治療、もう一つは超音波を使ったわきが手術です。後者の超音波療法の中にも、症状に合わせて何種類かの施術方法が用意されています。患者さんひとりひとりのお悩みや希望、症状の程度に合わせて最適な治療が受けられます。

  • 詳しくはこちら
  • 公式HPはこちら
品川美容外科の口コミ
  • 自分が臭ってるんじゃないかっていう不安から解放されました

    友人にさりげなく指摘されて、初めて自分がワキガだということがわかりました。すごくショックで、品川美容外科さんで治療を受けることに。今では臭いもなくなって安心して過ごせます。

  • わきがは自分ではどうにもできないから……

    自分でも自覚するくらいひどいワキガでした。超音波療法サーマル法の治療を受けてからは、まったく臭いが気にならなくなりました。やっぱり完治には病院に行くべきだなって思いました。

最新のわきが治療ができる! 口コミで話題のクリニックを徹底比較