お酒とわきがの関係性 わきがについて

血流がよくなり結果、臭いが悪化することも

「お酒を飲むこと」と「わきが」の関係性についてご紹介します。お酒、つまりアルコールには血流を増加させる作用があり、体温の上昇を招きます。体温が上昇すれば、汗を多くかくようになります。したがって、アポクリン腺から分泌される汗が原因で発生するわきが臭を悪化させることにつながります。また、アルコール自体にも独特なニオイがあり、ワキガ臭と結びついてさらなるニオイの悪化を招きます。アルコールそのものがワキガのニオイを悪化させるわけではありませんが、発汗量の増加やニオイが混ざることで、ワキガ臭が悪化することも考えられるのです。

  • 体温が上がり汗の量を一気に増加させてしまいます。

    お酒を飲むと、血流が増加して体温が上がります。体温が上がると、上がった体温を下げて平熱に戻すため、中枢神経が汗腺に働きかけて汗を分泌しようとします。こういった関係性から、お酒を飲むと体がぽかぽかと温かくなり、そして汗を多くかくようになるのです。汗の量が増加すると、当然ながら汗が原因で発生するニオイも強くなり、わきがのニオイも強くなります。お酒に弱い人ほどすぐに体温があがり、汗の量もそれだけ多くかくようになるので、アルコールが得意ではないという人は十分注意してください。

日常的にお酒を飲んでいる方は要注意

わきがであるからといって、必ずしもお酒を飲んではいけないというわけではありません。アルコールには利尿作用もあり、汗によらず体温を下げたり体の水分量を調節することもできるため、絶対にわきがの悪化につながるわけではないからです。とはいえ、日常的に飲酒を習慣づけている人は要注意。アルコールのニオイが体に染み付くようになるので、わきがのニオイ+汗のニオイ+アルコールのニオイと、キツいニオイが三重に重なってしまうことも。ほどほどであれば大きな問題にはなりませんが、毎日浴びるように飲んでいるという人は、自分でも気づかないうちに悪臭の塊になってしまっているかもしれないので、要注意です。

わきが手術ならココがオススメ!!

品川美容外科

品川美容外科

わきが手術なら日本一。
品川美容外科

品川美容外科で扱っているワキガ治療は、大きく分けて二種類です。一つは、ボトックス注射による切らないわきが治療、もう一つは超音波を使ったわきが手術です。後者の超音波療法の中にも、症状に合わせて何種類かの施術方法が用意されています。患者さんひとりひとりのお悩みや希望、症状の程度に合わせて最適な治療が受けられます。

  • 詳しくはこちら
  • 公式HPはこちら
品川美容外科の口コミ
  • 自分が臭ってるんじゃないかっていう不安から解放されました

    友人にさりげなく指摘されて、初めて自分がワキガだということがわかりました。すごくショックで、品川美容外科さんで治療を受けることに。今では臭いもなくなって安心して過ごせます。

  • わきがは自分ではどうにもできないから……

    自分でも自覚するくらいひどいワキガでした。超音波療法サーマル法の治療を受けてからは、まったく臭いが気にならなくなりました。やっぱり完治には病院に行くべきだなって思いました。

最新のわきが治療ができる! 口コミで話題のクリニックを徹底比較