汗の大切な役割 わきがについて

汗の重要な役割、それは体温を一定に保つこと

人が汗をかく理由は、はっきりとしています。体を冷やすためです。人は、体温があがりすぎると汗をかいて体を冷やそうとします。汗が蒸発をするときに気化熱を奪うため、その作用で体温が下がるのです。もし汗をかくことができなければ、人は体の内側に貯まった熱をうまく放出することができず、茹で上がってしまうでしょう。実は汗には、健康だけでなく生命の安全も守るという、とても重要な役割があるのです。ただし、これはエクリン腺から正しく分泌された汗に限った話です。暑くもないのに大量の汗をかく多汗症の症状や、アポクリン腺から分泌される汗は、まったく何の役にも立ちません。

  • ワキガの臭いはアポクリン腺からでる汗が原因

    わきがの原因は、アポクリン腺から分泌される汗です。この汗には脂質や糖質など、水分以外の成分が豊富に含まれており、通常の汗とは違って白く濁り、粘り気があります。この汗をワキガ菌が分解することで、あの不快な刺激臭が発生するのです。アポクリン腺はもともと、体を冷やすための汗ではなく、異性を惹きつけるフェロモンのニオイを分泌させる汗腺でした。ワキガ臭というのも、実は強烈なセックスアピールなのです。しかしこれは、コミュニケーションの方法が乏しい、人間がまだサルの仲間だった頃に必要だったものでなので、現在ではまったく有効に機能していないのです。

発汗のメカニズム

人が汗をかく原因は大きくわけて3つに分類されます。体の熱を冷ますために発汗する温熱性発汗、緊張や恐怖など精神的な原因によって発汗する精神性発汗、刺激物を口にしたときに発汗する味覚性発汗です。それぞれ発汗を促す原因となる状態になると、体温調節を司る中枢神経が指令を下し、汗腺から汗が分泌されます。このとき、汗を分泌する汗腺には2種類あります。1つがほぼ全身に存在し通常の汗を分泌するエクリン線、そしてもう1つがわきの下や陰部周辺に集中しワキガ臭の原因となる汗を分泌するアポクリン腺です。アポクリン線からでる汗がワキガ臭の原因なので、わきがの症状を抑えるためには発汗を抑制することが重要。発汗のメカニズムを知って、抑制の方法を学んでいきましょう。

わきが手術ならココがオススメ!!

品川美容外科

品川美容外科

わきが手術なら日本一。
品川美容外科

品川美容外科で扱っているワキガ治療は、大きく分けて二種類です。一つは、ボトックス注射による切らないわきが治療、もう一つは超音波を使ったわきが手術です。後者の超音波療法の中にも、症状に合わせて何種類かの施術方法が用意されています。患者さんひとりひとりのお悩みや希望、症状の程度に合わせて最適な治療が受けられます。

  • 詳しくはこちら
  • 公式HPはこちら
品川美容外科の口コミ
  • 自分が臭ってるんじゃないかっていう不安から解放されました

    友人にさりげなく指摘されて、初めて自分がワキガだということがわかりました。すごくショックで、品川美容外科さんで治療を受けることに。今では臭いもなくなって安心して過ごせます。

  • わきがは自分ではどうにもできないから……

    自分でも自覚するくらいひどいワキガでした。超音波療法サーマル法の治療を受けてからは、まったく臭いが気にならなくなりました。やっぱり完治には病院に行くべきだなって思いました。

最新のわきが治療ができる! 口コミで話題のクリニックを徹底比較