漢方治療

手術をするのには抵抗があるという人へオススメ

ボトックスによるわきが治療や、ワキガ手術を受けることに不安があるという方におすすめなのが漢方治療。わきがは、漢方の力でその症状を抑えることができるのです。とはいえ、明確な医薬品ではない漢方でできることは、あくまで症状の抑制や改善であって、治療ではありません。確実にわきがを治療したい場合には、病院で受けるボトックス治療や手術を受けるべきです。ですが、手術よりも手軽に試せる漢方治療をまず試してみたいという方は多いはず。そこでここでは、ワキガ改善に効果のある漢方についてご紹介します。

  • 五苓散加牡蠣黄著

    ごれいさんかぼれいおうぎ、と読みます。この漢方には五苓散や黄耆が含まれています。体内の水分量を調整する働きや、余分な水分の排出を促す作用があり、ワキガにはもちろん、多汗症などの症状改善にも効果があります。ごれいさんかぼれいおうぎ、と読みます。この漢方には五苓散や黄耆が含まれています。体内の水分量を調整する働きや、余分な水分の排出を促す作用があり、ワキガにはもちろん、多汗症などの症状改善にも効果があります。

  • 防己黄著湯加牡蠣

    ぼういおうぎとうかぼれい、と読みます。この漢方には防已や黄耆が含まれています。水分の代謝を活発にし、体のむくみを取る作用があり、わきが、多汗症など汗を原因とする症状の改善に効果があります。ぼういおうぎとうかぼれい、と読みます。この漢方には防已や黄耆が含まれています。水分の代謝を活発にし、体のむくみを取る作用があり、わきが、多汗症など汗を原因とする症状の改善に効果があります。

  • 白虎湯加減

    びゃっことうかげん、と読みます。この漢方には黄連や粳米が含まれています。喉の渇きや頻尿の人の症状改善に効果がある漢方で、わきがや多汗症など、汗に関する症状を抑える作用もあります。びゃっことうかげん、と読みます。この漢方には黄連や粳米が含まれています。喉の渇きや頻尿の人の症状改善に効果がある漢方で、わきがや多汗症など、汗に関する症状を抑える作用もあります。

  • 柴胡桂枝乾姜湯

    さいこけいしかんきょうとう、と読みます。この漢方には柴胡や桂枝、乾姜湯が含まれています。体から熱を引かせる作用があり、同時に神経を安らげる効果があります。汗の分泌は自律神経に関係があるため、わきがの症状改善にも役立ちます。

  • 桂枝加黄耆湯

    けいしかおうぎとう、と読みます。この漢方には桂皮や黄耆が含まれています。桂皮湯に黄耆を加えたもので、発汗異常に最適な効果を発揮します。また、桂皮すなわちシナモンの香り効果で、ニオイ対策も同時に行います。

漢方治療のメリット

漢方治療の最大のメリットは、手軽に試せるということでしょう。手術のように大掛かりな準備が必要になるということはありません。ワキガは治したいけれど、病院に通ってワキガ手術を受けることには抵抗があるという人にとって、漢方治療は魅力的な方法といえるでしょう。また、漢方の効能は多種多様で、ワキガの改善とあわせて、その他の体質的な問題の改善も見込めます。例えば、防己黄著湯加牡蠣には利尿作用があるため、デトックス効果が期待できます。体内の毒素を排出して、綺麗な体内環境を獲得したいという人にとって、漢方治療はこれ以上ないほどメリットの大きなものとなるでしょう。

漢方治療のデメリット

漢方治療の最大のデメリットは、人によって効果のばらつきが大きいということでしょう。同じ漢方薬を服用しても、人によって改善される場合と、改善されない場合にわかれてしまうのです。医薬品でも同様のことがいえますが、そのばらつきは漢方薬のほうがより大きく、確実な治療・改善を見込むことは難しいと言わざるを得ません。また、漢方薬の本質は「予防」であって、治療ではありません。症状を未然に防いだり、軽度な症状を改善することはできても、根本的な治療には不向きなのです。そのため既に重篤化している症状に対しては有効とは言いがたいため、症状にあわせた服用が望ましいといえます。

最新のわきが治療ができる! 口コミで話題のクリニックを徹底比較