わきが手術の傷痕について わきが手術について

手術方法により差があります

薄着になれば露出することも多いわきの下。そこにわきが手術の傷痕が残ってしまうようでは、なかなか治療に踏み切れないはず。ワキガ手術は受けたいけれど、傷痕が残らないようにしたいという人の悩みにお答えします。ワキガ手術の傷痕は、手術方法によって残るか残らないか、残ったとしても目立たないか目立ってしまうか、それぞれでまったく異なります。また、手術方法だけでなく、手術を受ける病院によっても仕上がりは違います。まずは手術前に、治るかどうかということだけではなく、傷痕が残るのか、ということも含めて、担当医に相談してみましょう。

  • 切開法だとどうしても傷跡はのこってしまいます

    わきの下の皮膚を切開して、直接ニオイの原因となるアポクリン腺を切除する切開法。切開を必要とする以上、どうしても傷痕は残ってしまいます。ですが、どれだけその傷痕が目立つかは病院によってまったく異なるため、できるだけ目立たない仕上がりを希望する方は丁寧な施術が期待できる美容外科を選びましょう。傷痕を残さない施術とは、つまり丁寧で、技術の高い施術です。ワキガ手術の経験が豊富で、実績のある医師が所属している美容外科であれば、満足いく仕上がりを期待できるでしょう。同じ切開法でも、病院によってクオリティは段違いなのです。

  • もちろん術後のアフターケアも大事

    もちろん、施術そのものだけでなく、アフターケアも重要です。傷痕を残さない、傷痕を目立たせないために、丁寧なアフターケアは欠かせません。例えば抜糸。施術自体は丁寧でも、抜糸がいい加減であれば、傷痕として目立ってしまいます。わきが手術の抜糸にもっとも詳しいのは、そのわきが手術を担当した担当医なので、執刀してもらった担当医に抜糸までケアしてもらうことをおすすめします。病院によっては、特に希望をださなければ、担当医と別の医師が抜糸をすることもあります。アフターケアを受ける際には、必ず自発的に担当医にしてもらうようお願いしてみましょう。

品川美容外科

品川美容外科

わきが手術なら日本一。
品川美容外科

品川美容外科で扱っているワキガ治療は、大きく分けて二種類です。一つは、ボトックス注射による切らないわきが治療、もう一つは超音波を使ったわきが手術です。後者の超音波療法の中にも、症状に合わせて何種類かの施術方法が用意されています。患者さんひとりひとりのお悩みや希望、症状の程度に合わせて最適な治療が受けられます。

  • 詳しくはこちら
  • 公式HPはこちら
品川美容外科の口コミ
  • 自分が臭ってるんじゃないかっていう不安から解放されました

    友人にさりげなく指摘されて、初めて自分がワキガだということがわかりました。すごくショックで、品川美容外科さんで治療を受けることに。今では臭いもなくなって安心して過ごせます。

  • わきがは自分ではどうにもできないから……

    自分でも自覚するくらいひどいワキガでした。超音波療法サーマル法の治療を受けてからは、まったく臭いが気にならなくなりました。やっぱり完治には病院に行くべきだなって思いました。

最新のわきが治療ができる! 口コミで話題のクリニックを徹底比較